住宅リフォームのリファイン。
全国のリフォーム会社をご紹介します。

省エネ住宅ポイント制度

省エネ住宅ポイント制度とは?

環境に良い、一定の省エネ性能を有する住宅の新築やリフォームに対して、ポイントが発行される制度。
取得ポイントにより様々な商品やサービスとの交換が可能。また新築工事あるいはリフォーム工事に追加で実施する他の箇所の工事費用に充当することも出来ます。

エコリフォーム受付中! リフォーム会社をさがす
おすすめエコリフォームパックはこちら

下記の対象リフォーム工事(1)〜(5)の合算ポイントで応募が可能です。

(1)〜(3)の工事はいずれか必須。ポイント申請の際には対象工事に関する証明書などが必要です。

1ポイント=1円相当額
各項目別の合算取得ポイント(上限300,000ポイント)
※耐震改修した場合は別途150,000ポイント加算

1 設備エコ改修 対象の設備エコ改修5つのうち3つ以上の工事があればポイント発行が可能です。

  • 節水型トイレ 24,000ポイント
  • 高断熱浴槽 24,000ポイント
  • 高効率給湯機 24,000ポイント
  • 節湯水栓 3,000ポイント
  • 住宅用太陽熱利用システム(強制循環型) 24,000ポイント

※ポイントは設置台数にかかわらず

2 窓の断熱改修 改修後の窓が平成25年基準もしくは平成11年基準に規定する断熱性能等に適合するように行う工事。

省エネ基準に適合した「サッシ」「ガラス」の組合せが対象となります。

内窓設置 既存窓の内側に新たに窓を新設する。外窓交換 既存窓を枠ごと取り除き、新たな窓に交換する。
  • 大(2.8m²以上)20,000ポイント/枚
  • 中(1.6m²〜2.8m²未満)14,000ポイント/枚
  • 小(0.2m²〜1.6m²未満)8,000ポイント/枚
ガラス交換 既存窓のガラスを複層ガラス等に交換。
  • 大(1.4m²以上)8,000ポイント/枚
  • 中(0.8m²〜1.4m²未満)5,000ポイント/枚
  • 小(0.1m²〜0.8m²未満)3,000ポイント/枚

3 外壁・屋根・天井または床の断熱改修

改修後の各部位ごとに、一定量の断熱材(ノンフロンのものに限る)を用いる断熱改修が対象となります。

※各施工部位毎に断熱材最低使用量が決められています。

  • 屋根・天井
    全体改修 36,000ポイント
    部分改修 18,000ポイント
  • 外壁
    全体改修 120,000ポイント
    部分改修 60,000ポイント
  • 床
    全体改修 60,000ポイント
    部分改修 30,000ポイント

4 上記(1)〜(3)の工事と併せて実施する項目

  • バリアフリー改修 (上限60,000ポイント、下記の施工内容毎にポイント付与)

    手すりの設置
     
    各6,000ポイント
    段差解消

    屋外に面する出入口の段差解消工事

    浴室の段差解消工事

    屋内(浴室を除く)の段差解消工事

    各6,000ポイント
    廊下幅等の拡張

    通路の幅を拡張する工事

    出入口の幅を拡張する工事

    各30,000ポイント
  • 設備エコ改修

    (1)設備エコ改修に準拠
  • リフォーム瑕疵保険

    11,000ポイント/件
  • 耐震改修

    150,000ポイント/戸(別途加算)

現行の耐震基準に適合していない住宅を現行の耐震基準に適合させる工事が対象となります。
耐震改修については他の補助制度併用可能な場合がありますので事前にご確認ください。
(当該住宅の耐震改修に要した額から、他の補助金等で交付を受ける額を引いた額が、150,000円未満の場合、耐震改修の申請はできません。)

※【現行の耐震基準】
(1)建築基準法施行令第3章及び第5章の4に規定する基準
(2) 耐震改修促進法に基づく「地震に対する安全上耐震関係規定に準ずるものとして国土交通大臣が定める基準[平成18年国土交通省告示第185号]」

5 既存住宅購入加算ポイント 既存住宅購入に伴い、エコリフォームする場合に加算するポイント。

平成26年12月27日以降に売買契約を締結し、売買契約締結日からエコリフォームの工事請負契約日の期間が3ヶ月以内の場合にポイントを発行します。

上限100,000ポイント

(他のエコリフォーム工事での発行と同数まで)

省エネ住宅ポイント事務局 公式ホームページ
パナソニック 省エネ住宅ポイント 相談室
エコリフォーム受付中! リフォーム会社をさがす
ページの先頭へ