住宅リフォームのリファイン。
全国のリフォーム会社をご紹介します。

 

3月の郷土料理

郷土料理

とり天

材料

鶏もも肉
400g(2枚)
揚げ油
ポン酢
大さじ4
練りからし
適宜
かぼす
2個
【A】
おろしにんにく
少々
おろししょうが
少々
小さじ1/4
小さじ1
【B】
小麦粉
50g
1/2
冷水
適量
(お好みで)
キャベツ
120g
ちしゃ
30g
かいわれ
10g
ミニトマト
8個

作り方

  • 1.鶏もも肉を一口大にそぎ切りする。
    (鶏肉の白いスジをとっておくと口触りがよい)
  • 2.【A】につけこむ。
    (お好みで砂糖、醤油を加えてもよい)
  • 3.卵に冷水を加え、小麦粉を少しずつ加え衣をつくる【B】
    (混ぜすぎると粘りが出てしますので、軽くふんわりと混ぜる。天ぷら衣よりもややぽってりとしたぐらいがよい)
  • 4.衣をつけて高温で一気に揚げる。
    (ひと切れずつ入れ、油の温度を下げないようにする。)
    作り方
  • 5.せん切りにしたキャベツ、ちしゃ、かいわれ、ミニトマトなどお好みの野菜と、かぼすを盛りつける。
    味付けはポン酢、練りからしを適宜。

その他の郷土料理

  • だんご汁
    大分では代表的な郷土料理の1つで、お店でも家庭の食卓にものぼります。だんごは、塩を入れた小麦粉を練り上げ、手で薄く延ばしたもので、里芋やにんじん、椎茸、ごぼうなどの野菜をたっぷり入れた味噌仕立ての汁に入れて作ります。
    その他郷土料理1
  • ごまだし
    魚の旨味とごまの香ばしさが抜群で、うどんを加えたごまだしうどんは佐伯ならではのおふくろの味。どんぶりに茹でたうどんとごまだしをのせ、お湯で溶きながら食べるごまだしうどんが最もポピュラーな食べ方です。
    その他郷土料理2
  • りゅうきゅう
    大分の海でとれた新鮮な魚をおろして、しょうゆやみりん、酒などで作った調味液にねぎやしょうが、ごま等の薬味と一緒に浸け込み、しばらく馴染ませれば完成。現在では県外でも知られ、大分を代表する郷土料理の1つです。
    その他郷土料理3

山梨県の故郷情報


 

ページの先頭へ